Flavor of Life
日々の思いつきとこれまでの旅行記、音楽と本の感想などを稀にアップしていきます。
自分の感じたことをすっと言葉にすることに、ときに困難を覚えることがあります。
うまい表現がみつからない、というか。
「言葉をみつける過程」の記録としても位置づけていけたら、と思っています。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
祖父母を想う                 
先日、祖父の三回忌がありました。

祖父が亡くなって直後に書いたものを、加筆のうえupします。

祖父が新年に数え年89歳を迎え、すぐに亡くなりました。

6月からの入院中、毎日一日も欠かさず誰かがお見舞いに行っていったのに、
ひとりで真夜中に旅立ちました。

祖母や伯母らがかけつけたときは、もう旅立った後でした。



幼少時、祖父母の下で頻繁にかつ長期間にわたり育った私は、
いとこや自分のきょうだいに比べて、かなりおじいちゃんおばあちゃん子でした。


躾は専ら母方の祖父母と、母にされました。

祖父に、一度だけ膝をパーンと叩かれたことがあります。
私が足を崩してご飯を食べていたからです。

祖父は「崩して座んなさんな」と言いました。
お箸の持ち方や挨拶の仕方も祖父母に躾けられました。


妹が12月の中旬に病院に行ったときは、頭上でみんなが会話していると、
「誰がだ?」とか「どこでだ?」などと会話に参加したり、
夢で自分のお店のことが気になるのか
「カツを揚げろ!」とか叫ぶ元気があったそうですが、
私が27日に駆けつけたときは、1週間前にそんな大きな声が出る状態であったことが信じられないほど激変していました。

大きな声などもはや出せず、頷いたり首を振ったりすることで
意思表示をするようになっていました。


しかし、30日、朝から昏睡状態の祖父の頭上で、
「おじいちゃんもうわからないのかな」などと話していたところ、
突然、祖父は「そんなに馬鹿じゃねえ」とはっきり口にしました。

妹と伯母と私は驚いて顔を見合わせました。
「意識がないように見えても、話せないだけで全部聞こえてるんだよ」と
妹が言いました。



翌日の大晦日には、何か言いたそうでもこちらは何も聞き取れず、
末期がんが痛むのかうめいたり、話し掛ける言葉に微かに頷いたりするだけで、
聞き取れた言葉は30日のそれが最後でした。


そして今、60年以上祖父を支え続けた、祖母を想う。
祖父が亡くなり祖母が独り暮らしになったとき、母が
一緒に住もうと提案した。
祖母は、近所の人もよくしてくれるし住み慣れたところがいいから、といって断った。

今年の雪かきは一体誰がするのか。。。

雪国に独り暮らす祖母を想う。

: family : comments(2) : - : posted by kay :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








your diary is so telling of how you feel for your grandparents.... i bet you've been a source of joy for your grandma, and you will always be.
incidentally, i was also half raised by my maternal grandparents, who are still well and good, but the day will come,like it or not. How would i face it, when people who welcomed me into this world pass away? Only with those with whom I will welcome new faces into this world.. I wish I could shovel the snow for your grandma, or someday perhaps I can ?
posted by w : 2007/12/09 5:52 PM :
管理者の承認待ちコメントです。
posted by - : 2008/01/24 10:45 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>